韓国旅行 メリット・デメリット

韓国旅行のメリット・デメリット

俺が実際に韓国を旅行してみて感じた、そのメリット・デメリットを列挙してみる。

 

韓国旅行のメリット

日本から2時間で行ける
飛行機代が安い
ビザが要らない
ソウルと釜山なら日本語だけで旅行できる
交通網が発達していて移動が楽
博物館などは入場料無料の施設が多い
電車やバスの料金が日本の半額以下
ホテル代と食事代は日本より若干安い
治安が良い(夜も一人で歩ける)
黙っていれば外国人と分からない
飯が美味い(これは人によると思うが)

 

韓国旅行のデメリット

快適なので冒険感覚がない
冬は寒い

 

メッリットのほうが断然多い。デメリットについては、ボッタクリが横行しているとか性犯罪が多いとかも言われているが、俺の実感としてはわからない。
はっきり言って、韓国旅行は快適だと思う。
ただ、快適すぎて、海外旅行に冒険を求める人には向かないと思う。俺はこれまでいくつかの国を見てきたが、色んな意味で韓国ほど日本に近い国はない。
冒険したい人は例えばインドに行くといい。韓国との比較のためにこちらもメリット・デメリットを列挙してみる。

 

インド旅行のメリット

物価がかなり安い
英語が通じる
交通網が発達している
国土が広く、見る所がたくさんある
あり得ない人がいっぱいいる

 

インド旅行のデメリット

行くのに半日かかる
ビザが必要
日本語は通じない(変な日本語で話しかけてくる奴は詐欺師)
窃盗が多い
夜道が怖い(基本、夜は出歩かないほうが無難)
ボッタクリが多い
日本人はボッタクリ対象
値段交渉が面倒臭い
衛生的ではない
電車の遅れが激しい

 

はっきり言って、デメリットの方が多いし、インド旅行は疲れる。でもインドはあらゆる意味で日本と異なる部分が多いので、刺激が多いのは間違いない。冒険したければ韓国よりインドだ。
でも、ほとんどの日本人は海外旅行に冒険は求めてないと思う。海外へは少しの刺激を求めて快適に旅をしたいと思ってる人が大半だと思うし、そういう意味ではやはり韓国は海外旅行先として良いと思う。