韓国旅行 ソウル歴史博物館

水原からソウルに戻ってきて、まずは東大門市場付近で昼飯。今回は飯屋ではなく屋台のファーストフードをつまんでみた。
まずは、ホットク。これも有名な韓国のお菓子だ。生地の中に黒砂糖が入っていて甘く、さらにシナモンの風味もした。1000W(100円)なり。

 

次はティギム(天ぷら)だ。げそ天と揚餃子を食べた。3つで2000Wなり。

 

最後は焼き鳥2000W。ジャンボサイズで辛い。

 

これだけ食べればそれなりに腹が膨れた。
眠くなったのでホテルで昼寝。悪臭にも慣れてきたか。

 

5時前に再び出発。ソウル歴史博物館に行った。どうせ反日施設だろうと思ったが、そうでもなかった。ソウル市の歴史を紹介する博物館で、日帝支配の時代ばかりをクローズアップしているわけではなかった。
ちょっと肩透かしを食らった感じだが、勉強になった。なお、入場料無料。

 

その後は初日にも行った南大門市場を散策。これまで韓国の様々なエリアを見てきたが、南大門市場が一番日本人観光客をターゲットにしている気がする。日本人としては使い勝手がいいのだろうが、値段の方はどうなのだろうか。晩飯を食べようとウロウロ店を探したが、結局、ここでは食べずに、東大門市場のミリオレというファッションビルのフードコートに行った。ビュッフェが7000W(700円)だったのでそれにした。

 

チヂミやチャプチェなどのまだ食べてなかった韓国料理が食べれて良かった。
食べたら素直にホテルに戻った。

 

この日もよく歩いた。