韓国旅行 カンナム

7日目午後:ソウル街巡り

悪臭モーテルに荷物を置いた後、ソウルの街見物に行った。
まずは韓国の学生街である新村(シンチョン)付近をウロウロした。

 

確かに若い人が多かったが、割と地味で真面目そうな人たちが多かった。日本の学生よりチャラチャラしてない感じ。
大学前の商店街はそれほど賑わってるわけではなかったが、屋台が並んでいたので、そこで昼飯代わりに肉まんを食べた。

 

1500W(150円)なり。中は餃子みたいだった。味はまあまあ。
ちょっとこれだけでは足りないので、トッポギ(甘辛いソースに絡めた細長い餅)も買ったが、これが大間違い。2500Wだったが、大量だった。

 

この1/3ぐらいの量でいいのだが、困った。しかし、ちまちま食べていては餅が固くなってまずくなってしまう。だから大量のトッポギを全力の速さで平らげた。もちろん腹はパンパン。まずくはなかったが、トッポギはあと10年は食べたくない…。

 

次は漢江の向こうにある江南(カンナム)という地域に行った。そう、韓国と(日本以外の)いくつかの国で流行した、あのカンナムスタイルのカンナムである。江南は韓国でも指折りの高所得者層の居住地域で、カンナムスタイルはそこの金持ちを揶揄した内容だそうな。
三成という駅から狎鴎亭ロデオという駅まで3駅分歩いた。
狎鴎亭ロデオ駅前にはブランドショップが立ち並んでいたが、その中にユニクロが混じっているのが面白かった。


 

かなりの距離を歩いたので疲れた。あまり帰りたくはないが、部屋に戻って少しだけ休憩した。

 

日が暮れて、晩飯を食べに東大門市場付近をウロウロしたが、結局DOOTAというファッションビルのフードコートに行った。
ここで海鮮ジャージャー麺を食べた。8500W(850円)なり。

 

ジャージャー麺も韓国名物なので一度食べてみたいと思っていた。
ふむ、なかなか美味い。甘いが甘すぎず、オイスターソースの旨味が効いている。また食べてもいいかな。
その後は東大門市場あたりを再びウロウロ。東大門市場は衣料品の街なので路上にも服屋が並んでいて活気がある。

 

はー、それにしても、あの臭い部屋に戻るのは苦痛だ。こんなにも帰りたくないホテルは人生始めてだよ。
俺は時間をかけてゆっくりと部屋に戻ったのだった…。